本店
三越店
いづもや通販

いづもやの鰻

いづもやの鰻

いづもやは創業当初からうなぎ選びには頑固なほどこだわっております。創業当時は天然物のみ使用しておりましたが、現在は養殖技術の発達と共に、安心安全かつ美味なうなぎを使用しています。天然物が良いと思われがちですが、品質管理が徹底された養殖鰻は天然ものより脂の質、舌ざわり等が優れています。
また、うなぎの旨さは職人の腕によるところが大きく、うなぎを裂いて串を打つ段階で、うなぎの性質を見極め、素焼きにし、蒸し時間はうなぎによってそれぞれ変えるなど、うなぎ職人の長年の勘がものをいう仕事を行うことで、より一層の風味や味が引き立つ「いづもやの鰻」になります。いづもやの蒲焼のタレはあっさりめ、脂の乗ったうなぎの旨みを存分に引き立て、品のいい味わいに仕上げております。

ご注文から美味しいうなぎが焼き上がるまで

(1)白(しら)を入れる・・・素焼き

(2)蒸す

(3)色付け・・・タレにくぐらせ焼く

(4)完成

ご注文から美味しいうなぎが焼き上がるまで

蒲焼き

蒲焼き

いづもやの蒲焼きはさっぱりとしているのが特徴です。
タレそのものがさっぱりしておりますので、うなぎが本来持つ味わいを感じることが出来ます。
逆に言えばごまかしがきかないので、毎日のうなぎ選びには最大限気を使っております。
創業当時から継ぎ足されてきた秘伝のタレとうなぎの相性は抜群です。

ですから鰻をより感じていただけるよう、山椒も青いピリピリ来るものではなく、
刺激よりも、より風味を感じられる紀州和歌山産の乾燥した茶色い山椒をつかっております。

白焼き

白焼き

創業当時からの人気メニューです。
これまた「日本橋いづもや」秘伝の割り醤油とすり立ての本わさびでいただく白焼き。これは外せません。

生醤油焼き

生醤油焼き

蒸したうなぎをタレにくぐらせ焼けば蒲焼き。
蒸しあげたうなぎをさっと炙り、わさび醤油につけて食べるのは白焼き。蒸し上げたうなぎを醤油のみで香ばしく焼き上げたものが生醤油焼きです。 身もそうですが、特に皮がパリっと焼けていて香ばしく、うなぎの皮がこんなにも美味しいものなのだと気付かせてくれる逸品です。
お酒にもあいますが、白いご飯が欲しいとおっしゃるお客様も多数です。

いづも焼き

いづも焼き

世界初、鰻100%で魚醤をつくることに成功しました。

魚と塩で作る発酵調味料「魚醤」は、「しょっつる」「いしる」「ナンプラー」等、様々な魚醤が存在します。

鰻の魚醤を発案したのは
今から遡ること約10年前、2010年頃のことです。
稚魚の不漁から鰻の高騰もあり、そして後継者不足、
鰻屋さんの閉店が相次いだ頃でもありました。

鰻界の今後の発展のためにも
何か鰻料理に新しい風が起こせないかと思ったのがきっかけでした。

そして様々な文献を読み漁りましたし、
当時還暦をとっくに過ぎた熟練の職人に聞いても
醸造学の権威に聞いても鰻の魚醤は聞いたことがない、
ということでした。

これまで鰻で魚醤を作ったという記録が全くありませんでした。
ならば作ってしまおうと、
これまで誰も考えてこなかった鰻100%の魚醤を作ろうと考えつきました。

そこで某醸造所に提案し、
鰻を提供し、鰻の魚醤の製造を依頼、
世界で初めて「鰻の魚醤」が誕生しました。

そしてこの鰻の魚醤を、
蒸し上げたうなぎにつけながら焼き上げるという贅沢、
世界で一つだけのうなぎ料理が完成しました。

この鰻の魚醤焼きの名前は当店の屋号をとって
「いづも焼き」と名付けさせていただきました。

そしてこの鰻の魚醤は2011年、
東大博物館で開催された日本初の「うなぎ博覧会」において、
「蒲の穂焼き」と共に、発表させていただきましたが、
大きな反響を呼びました。

今ではワイン好きな方にも特に好評で
女性に人気が多いのも特徴です。
華やかな香りが何とも言えず、
魚醤だからこその旨味が押し寄せてきます。

世界でここ「日本橋いづもや」にしかない
鰻の魚醤で焼いた「いづも焼き」を是非ご賞味下さい。

蒲の穂焼き

蒲の穂焼き

昔のうなぎの食べ方を再現しました。

骨が約5,000年前の縄文時代の貝塚からも
発見されているように
鰻は古代より日本人に食べられてきました。

しかしその頃、鰻を割く技術や調味料、醤油・味醂はありませんでした。
つまり単純に鮎や岩魚を食べるときのように棒をさし、
味付けするとすれば、唯一あった調味料、塩で焼いて食べていたと考えられます。

うなぎ、うな重と聞くと、
皆さん既に割いて開いてある今の蒲焼の形を思い浮かべますが、
実は今のように割いて食べられるようになったのは、
たかだかここ200年ほどのことに過ぎないんです。
それまではずっとこの形で食べられておりました。

江戸の人たちは、
その姿が水辺に生える植物「蒲(がま)」の穂の形に似ていたことから
「蒲焼き(がまやき)」と呼んでいたそうです。
それが訛って「蒲(かば)焼き」と呼ばれるようになったと言われています。

その語源となったものを現代に再現させました。
ただ現代に再現させただけで、美味しくない、
では仕方ありませんので、
少し手間を加えて現代の方が病みつきになるよう仕上げました。

そして、名前もわかりやすいように
「蒲焼き(がまやき)」ではなく、
蒲の穂焼き(がまのほやき)」と命名しました。

現代に再現させて早10年以上が経ちます。
その間にどうしたら美味しくなるかを極めました。

一口かぶりつくと、その旨さ、味わいに驚かれ、
鰻が魚だということを感じさせてくれること請け合い、
次回から予約される方がほとんどです。

今では日本全国、いろいろなお店で食べられるようになりました。
是非、現代の元祖・蒲の穂焼きを
日本橋いづもやでお召し上がりくださいませ。
その違いに驚かれること請け合いです。

※前日まで要予約、1匹単位(2本分)でご注文いただいております。
※1匹の半分、(写真サイズ)が通常サイズです。
※1匹を3等分、4等分にも出来ますのでご注文の際にお申し付けください。

pagetop