• Blog
  • Contact

HOME > いづもやの鰻

いづもやの鰻

いづもやの鰻

いづもやは創業当初からうなぎ選びには頑固なほどこだわっております。創業当時は天然物のみ使用しておりましたが、現在は養殖技術の発達と共に国産養殖うなぎを使用しております。天然物が良いと思われがちですが、品質管理が徹底された国産の養殖鰻は天然ものより脂、舌ざわりが優れております。
また、うなぎの旨さは職人の腕によるところが大きく、うなぎを裂いて串を打つ段階で、うなぎの性質を見極め、素焼きにし、蒸しにかけ、蒸し時間はうなぎによってそれぞれ変える、うなぎ職人の長年の勘がものをいう仕事を行うことにより、より一層の風味や味が引き立つ「いづもやの鰻」になります。いづもやの蒲焼のタレはあっさりめ、脂の乗ったうなぎの旨みを存分に引き立て、品のいい味わいに仕上げております。

ご注文から美味しいうなぎが焼き上がるまで

ご注文から美味しいうなぎが焼き上がるまで
  • (1)素焼き
  • (2)蒸す
  • (3)色付け
  • (4)完成

蒲焼き

蒲焼き

いづもやの蒲焼きはさっぱりとしているのが特徴です。うなぎが本来持つ味わいを感じることが出来ます。逆に言えばごまかしがきかないので、毎日のうなぎ選びには最大限気を使っております。
創業当時から継ぎ足されてきた秘伝のタレとうなぎの相性は抜群です。

白焼き

白焼き

創業当時からの人気メニューです。
これまた「日本橋いづもや」秘伝の割り醤油とすり立ての本わさびでいただく白焼き。これは外せません。

生醤油焼き

生醤油焼き

蒸したうなぎをタレにくぐらせ焼けば蒲焼き。
蒸しあげたうなぎをさっと炙り、わさび醤油につけて食べるのは白焼き。蒸し上げたうなぎを醤油のみで香ばしく焼き上げたものが生醤油焼きです。 身もそうですが、特に皮がパリっと焼けていて香ばしく、うなぎの皮がこんなにも美味しいものなのだと気付かせてくれる逸品です。
お酒にもあいますが、白いご飯が欲しいとおっしゃるお客様も多数です。

いづも焼き

いづも焼き

魚と塩で作る発酵調味料「魚醤」。「しょっつる」や「いしる」「ナンプラー」等、様々な魚醤が存在します。ところがこれまで鰻で魚醤を作ったという記録はありません。そこで某醸造所に鰻を提供し、それを原料に魚醤の製造を依頼、世界初の鰻100%で魚醤をつくることに成功しました。それにより、この鰻の魚醤を、蒸し上げたうなぎにつけながら、この「鰻の魚醤」を蒸し上げたうなぎにつけながら焼き上げるという贅沢、世界で一つだけのうなぎ料理「いづも焼き」が完成しました。2011年、東大博物館で開催された日本初の「うなぎ博覧会」において、蒲の穂焼きと共に、この「鰻の魚醤」も発表させていただきました。世界でここ「日本橋いづもや」にしかない「いづも焼き」を是非ご賞味下さい。

蒲の穂焼き

蒲の穂焼き

鰻の骨は貝塚からも発見されているように古代より食べられてきました。しかし割く技術や醤油、味醂もない時代です。単純に鮎や岩魚を食べるときのように棒をさし、塩で焼いて食べていたのです。その姿が水辺に生える植物「蒲(がま)の穂」の形に似ていたことから「蒲焼き(がまやき)」と呼ばれ、江戸時代に訛って「蒲(かば)焼き」となりました。その語源となったものを現代に再現させました。一口かぶりつくと、その旨さ、味わいに驚かれる方がほとんどです。


このページのトップへ